体型 コーディネート

体型に合わせたコーディネート

自分の体に合わせた着こなし方などについて載せています。

体型に合わせたコーディネートエントリー一覧

細身の人のコーディネート方法
細い人は、夏であれば上はTシャツ、冬はセーターにロングコート、下はスキニ―パンツを着用するとスマートな体型を活かすことができます。細い体格をカバーしよう思う方は、大きめの服を選ぶことはNGです。大きめのトップスを選ぶと胴長に見えてしまいバランスも悪いので「サイズ違いの服を着ている人」として見られてしまいます。ジャストサイズを選び、薄手の生地は避け、膨張色で立体的なデザインを選んでみてください。靴は革靴はもちろん夏はサンダルを履くと特に足の細さが強調されます。ボトムスも足の細さをカバーしたいと思う...
ぽっちゃり体型の人のコーディネート方法
ぽっちゃり体型の人が服を選ぶ際はまずは色ですが、白系などの膨張色より黒系などを選ぶといいですね。黒のほうが、ぽっちゃりな体型をす引き締めて見せてくれます。濃いグレーや濃紺などのダークカラーを考えてみてください。ですが、全身ダークカラーばかりだと暗い印象になるのでインナーは白などの明るい色などがおすすめです。トップスはシャツだけでなく、カットソーでもいいですねデザインも横ラインのものは選ばず、さりげなく縦ラインのデザインが入ったものを選ぶのも定番です。セーターを着る場合、あまり体にフィットするもの...
小柄の人のコーディネートと方法
小柄の人が大きい服を着てしまうと、その体型が強調されてしまうことがあります。小柄な人が服を選ぶのであれば、自分の体に合うものを着ることが必要です。さらに全体のバランスを考えなければなりません。だぼっとしたパンツを履く場合、身長がある人が着るとかっこよく見えるのですが、小柄な人が着ると視覚的に足が短く見えてしまいます。スキニーや少し細めのパンツを履くとよいと思います。さらに上下同じ色にはできるだけしないようにしてトップスを少し派手な色、下を地味な色にするとバランスとしては良くなります。Tシャツを着...
身長が高い人のコーディネート方法
身長が高い人はさまざまなタイプの服を着こなすことができます。雑誌のモデルが着る服は身長が高い人が着るような服が多いです。しかし、身長が高いといってもぽっちゃりだったり、スリムだったりする場合にはその体型に応じた着こなしをすることになります。ショートパンツにショートブーツや、パンツもゆったりしたカーゴパンツにトップスはシャツでラフな感じに仕上げることもできます。秋冬ならパンツにVネックセーターや外出時にはロングコートを着るのもいいです。スリムな体型の人は>ジャケットを羽織るのも良いです。身長が高く...
短足と感じている人のコーディネート方法
短い足の人が服を選ぶ時は、足元にできるだけ目がいかないようなコーディネートをします。ゆったりしたパンツを履いたりすると、足の短さが強調されてしまいます。トップスとのバランスも考えて服を選ばなくてはなりません。夏であれば、ハーフパンツを履くことでも見える足の部分が多くなるため、足を長く見せることができます。小柄な人のコーディネートと同じように、Tシャツや裾の長いトップスをパンツの外に出してしまうと、足が短く見えてしまいます。パンツの中に裾を入れて すっきり見せるようにします。もしくは、着丈が長くな...
足が太い人のコーディネート方法
足が太い人は足そのものというより太腿が太いことで、ウエストサイズで選んでも太腿で止まってしまい履くことが難しくなって困ってしまいがちです。足が太いと感じる人の服の選び方は、まずトップスは比較的体にフィットしたものを選びます。そして重要なパンツの部分ですが、パンツは、太腿に合わせてウェストより少し大きめのパンツを選びます。これがよく言われるAラインというもので、1955年にクリスチャンディオールが発表したものです。トップスが>セーターやカットソー、下が少し太めのパンツであるとすっきり見せることがで...
頭がでかいと感じる人のファッションコーディネート方法
頭がでかいと感じる人は、体のラインが出るようなフィットしている服を着ることは避けます。フィットしている服を着ることで体は引き締まって見えます、そのため、より頭が強調されてしまいます。カットソーなどはVネックをおすすめします。。タートルネックやクルーネックになるとより頭を強調されてしまうので、シャツも無地や小さなプリントがついているものを選ぶようにします。ポロシャツを着るときも襟が大きくないものを選びます。パンツもだぼっとしすぎると足が短く見えてしまいます。すっきり見せられるパンツを選び、色は黒は...
ウエストが太い人のコーディネート方法
ウエストが太い人は、色はカラフルというよりは単色系を、具体的な色を言うと黒系です。黒系はいろいろ合わせやすいですし、なによりウエストが太い人でも体が引き締まって見えます。すべてを黒で統一してしまうと重めの印象になってしまうので、インナーを明るめの色にしたり、首元を違う色にしてみたり時計などアクセサリーに他の色を入れることもお勧めします。また柄物も避けて、できるだけ無地のものを選びます。ナチュラルな縦ラインの服などが入った服もお勧めです。トップスにシャツを下に少し細めのパンツを着る際、シャツをパン...

スマートフォン市場