シチュエーション ファッション

シチュエーション別のファッション

その日のイベント合わせた、適切な服装を選ぶことも大切です。シチュエーション別に一般的な服装のポイントを掲載しています。

シチュエーション別のファッションエントリー一覧

映画デートの服装のポイント
映画館でデートする際の服装は、脱ぎ着しやすいものがおすすめです。室温調整されていますが、夏場は冷房が効きすぎていたり、逆に冬場は暖房が効きすぎているということがあります。外と室内の温度は異なりますので、ちゃんと調整できるような服装が良いです。女性は男性に清潔感のあるファッションを求めています。特にヨレヨレのTシャツや汚れた靴は良くありません。あまりごちゃごちゃとアクセサリーを付けたり派手に重ね着するよりも、シンプルな服装をきれいに着こなす男性に好感を持つ女性の割合が多いです。何を着れば良いのか困...
食事デートの服装のポイント
食事デートはどういったレストランに行くのかによっても、コーディネートは変わってきますがある程度のドレスコードがあるレストランの予約をした際は、ジャケットはマストアイテムです。もちろんジーンズ、スニーカーではなくスラックス、革靴を合わせます。ジャケットを脱ぐ可能性も考えて、シャツもしっかりコーディネートします。ベルト、靴下まできちんと気を使ってくださいね。ジャケットのインは、レストランによってはネクタイ着用を求めるところもありますが、シャツだけ、カットソーなどでもかまわないところもあります。気にな...
美術館デートの服装のポイント
美術館でのデートの際には、あまりカジュアルすぎない服装が良いです。場に似合わず子供っぽさが出てしまいます。特に決まりもなく、スーツを着なければならないということはありませんが、Tシャツにジーパン、足元はサンダルといったコーディネートは、その場に合っていないのでおすすめはできません。細めのパンツにVネックのシャツ、そしてジャケットを羽織り、足元は革靴といった服装は美術館デートには適しています。またカバンも派手なカラーはやめて、ジャケットのカラーに合わせるなどすると良いです。美術品を見に行く場所なの...
合コンでの服装のポイント
合コンに参加する際のポイントは、独りよがりのファッションにならないことです。女性に会うからといって、自分の好きなものを全面に押し出すのは良くありません。悪い意味で1人だけ浮いてしまっても、第一印象で失敗してしまいます。何かこだわりがあり、それをアピールしたいのであれば、さりげなく見せることが必要です。基本的に、女性は清潔感のある服装をしている男性を好みます。ヨレヨレのTシャツや、ダボダボのパンツなどは良くありません。シンプルなきれいめカジュアルがおすすめです。また、座敷などでは靴を脱がなければな...
遊園地での服装のポイント
基本、遊園地に行くときには動きやすい服装が好ましいです。女性とのデート場所として遊園地に行くのであれば、女性が好む男性ファッションを取り入れると良いです。女性は男性に対して清潔感のある服装を求めています。もちろん人によって好みは異なりますが、おおむねきれいめコーディネートであれば問題ありません。夏ではない季節の時に、遊園地で一日中遊ぶ場合には、昼間と夕方の温度差に対応できるようにジャケットなどを1枚用意しておくと良いです。また冬の時期にはブーツを履くことも多くなりますが、乗り物を乗る際に邪魔にな...
アウトドアの服装のポイント
友人同士でキャンプに行く時などに適している服装は、きれいめカジュアルです。アウトドアになりますので、動きやすいということを前提に選んでいかなければなりませんが、ヨレヨレのシャツや大きすぎるパンツは良くありません。夏であれば、ハーフパンツにポロシャツ、そしてハイカットスニーカーといった組み合わせも適しています。また、朝と夜の温度差を考えて、羽織れるものを1つ用意しておくと良いです。冬であれば、体温調整もできるジャケットを用意します。同じようなカラーのものばかりになるという人は、ワンポイント入ったも...
同窓会での服装のポイント
同窓会に着ていく服をどうしようか迷っている人は、とりあえずジャケットを着ることをおすすめします。まだ若いということをアピールするために、Tシャツにジーパンといった服装で行きたいと思っている人もいますが、久しぶりの再会ですので成長した自分を見せるのも良いと思います。ネクタイを使いたい場合には、会社で使うようなものとは違うカラフルなものが良いです。また春や秋などであれば薄手のスカーフを巻くのもオシャレです。デニムパンツにワイシャツ、ジャケットの組み合わせも同窓会に適しています。靴は革靴にしてスタイリ...
飲み会での服装のポイント
飲み会の服装はあまり気合を入れるとやりすぎ感がでて、おしゃれに程遠くなってしまいます。さりげなさをポイントに、色あわせなどで少し遊ぶとよいですね。会社帰りにそのまま飲み会の時、スーツを着ているのであればもちろんそのままでかまいません。スーツのブランドなどは特にこだわりがない女性でも、サイズがあっているかどうか、どういった生地を使っているのかをよく見ています。シャツのカラーとネクタイも、もちろん気をつけなければいけないポイントです。淡いカラーの組み合わせが女性には人気があるといわれていますが、もち...
セミナーでの服装のポイント
セミナーでの服装は男性はやはりスーツ、セットアップを基本に考えます。通常のセミナーでは、やはりテーラードジャケットにスラックスといったコーディネートのほうが無難です。セミナーの主催者側は基本的には服装規定などはしていない場合がほとんどですから、どういった服装でも会場に入ることはできます。しかしセミナー、勉強会の傾向にもよりますが、たとえば会社から参加しているといった時には、取引先の人と会う、あるいは突然名刺交換となるといったことも起こり得ます。その時にやはりスーツでないと、ちょっと常識的な面で疑...
パーティーでの服装のポイント
どういった目的のパーティーかで選ぶ服装が変わってきますが、一般的にはスーツが適しています。仕事として参加する際には、ブラックスーツにホワイトシャツ、レザーシューズが好ましいです。一方、友人の結婚式の2次会などでは自分らしさを出しても構いません。光沢感のある素材のスーツや、ホワイトパンツなどもパーティーには適しています。またポイントとしてネクタイに一工夫加えると良いと思います。通常のネクタイではなく、蝶ネクタイに変えたりボーダーやストライプの柄ネクタイも華やかで好ましいです。夏であれば、スーツのカ...
バーでの服装のポイント
仕事帰りにバーに寄るのでいつもスーツ姿だという人も多いかもしれませんが、できれば仕事で使っているジャケットとは別のものを用意すると良いです。また、高級ホテルのバーの場合、正装でなければ入れないこともありますので気をつけなければなりません。カジュアルな服装でも良いところもありますが、できればジャケットは羽織ったほうが良いです。普通のお店のバーであれば、好きな服装で構いません。ただし、太めのパンツや大きめのトップスは適していません。夏場などはポロシャツでも良いですが、自分に合ったサイズを選び、少し細...
釣りの服装のポイント
釣りに行く際に気をつけなければならないのが、サンダルではなく靴を用意するということです。夏であればサンダルにハーフパンツ、Tシャツといったコーディネートで釣りに行くという人も少なく無いですが、岩場は思っているより危険です。サンダルよりもラバーシューズが好ましいとされています。また、レインコートのようなジャケットも適しています。船釣りの場合も滑りやすい靴は控えなければなりません。濡れても良い服装で、ポケットが多いと良いです。本格的に釣りを楽しむのではないという人も、その場に適した服装をすることは求...
お花見の服装のポイント
花見を楽しむ際の服装は、動きやすいだけでなくカラーにも気を使う必要があります。男性はブラック系に偏りがちですが、春には淡色のピンクやイエローなどのカラーを加えることをおすすめします。また、昼間の花見と夜の花見とでは適した服装が違います。昼間は汗ばむことを考えて、脱ぎ着できる服装を選びます。天候や風により、暑くもなり寒くもなることがあります。靴の脱ぐことも考えて、オシャレな靴下を用意したほうが良いです。春の夜は思いのほか気温が下がりますので、ジャケットなどによる温度調整が必要です。花見の席は、今ま...
花火大会の時のポイント
彼女と付き合って初めての花火大会は、服装にも気を使う必要がありますね。できれば浴衣が好ましいですね。この日のために準備していたということを相手に伝えることができるからです。ただし中途半端な浴衣はだらしなく見えます。最近ではレンタルもありますので、そういったものを利用することもおすすめです。下駄を履く場合は、歩くコースをよく考えてください。浴衣でなければ座りやすい服装が良いです。河原や広場などで座ってみることもありますので、座りにくい服装は控えるべきです。また駅から会場まで距離があることや草むらを...
旅行での服装のポイント
海外旅行に行くときには、その地域の気候を調べた上で服装を決めます。荷物を少なくしたいと思っている人は、どこにでも使えるブラックジャケットを1枚用意しておくと良いです。高級レストランなどでは、ジャケット着用が義務付けられているところもありますので、大変重宝します。国内旅行の場合には、脱ぎ着しやすい服装が適しています。海に行くのか山に行くのか、それとも街に行くのかで異なりますが体温調整ができるものを選ぶことが重要です。靴に関しても、長時間歩いても大丈夫なものが良いです。バス旅行をする際には、少しゆっ...
歓迎会での服装のポイント
会社の歓迎会でどのような服装が良いのか困っている人は、とりあえずスーツを着ていくことをおすすめします。もちろん、多くの人が作業着で参加する際には自分だけスーツに着替えるのはおかしいのでみんなと同じ服装にします。しかしスーツで出勤している人は、私服に着替えるのではなくスーツのままが無難です。ただし多くの場合、歓迎会は1日の勤務終了後に行われます。身だしなみを整えてから会場に行く必要があります。カジュアルな服で出勤している人は、わざわざスーツに着替える必要はありません。この場合も最低限の身だしなみを...
成人式での服装のポイント
成人式は袴で参加するものだと考えている人がいるかもしれませんが、多くの人がスーツで参加しています。就職活動も考える時期なので、就職活動にも使えるブラックスーツが多く見られます。ただし袴にしてもスーツにしても、周りと同じような服装になってしまいます。周囲との違いを出していきたのであれば、細めのジーパンにジャケット、ショートブーツといったコーディネートなどがおすすめです。また、ワイシャツのカラーを変えるだけでも印象が違います。ワイシャツのカラーに合わせて、ポケットチーフや靴下のカラーを決めていくとい...
バイトの面接の服装のポイント
バイトの面接に行く時の服装は、どのような職種でも第一に清潔感が必要となります。第一印象をよくするには、さわやかな清潔感がポイントです。コーディネート自体は、バイトに採用されればスーツを着るような職種であれば、スーツを着用して面接に臨みます。カジュアルファッションでバイトをする場合、あるいはバイト先の制服がある場合などは、襟付きのシャツあるいはポロシャツとスラックスといった服装でもかまいませんが、できればジャケットを着用したほうがきちんとした印象を持ってもらうことができます。足元までしっかり見る面...
就職活動での服装のポイント
通常、就職活動はスーツで行います。カラーは黒もしくは紺が良いです。最近では淡色のスーツも販売されていますが、就職活動時は濃色のスーツが適しています。多くの人は3つボタンのスーツを着用しています。細めのスーツはすっきりした印象を与えますが、動きまわることが多くなるので普通サイズのものをおすすめします。ワイシャツは白色が基本ですが、ネクタイのカラーに合わせて変えても構いません。しかし紺や黒といったカラーは就職活動には適していません。さらに袖口や襟元がよれていると相手に良くない印象を与えますので、きち...
御両親へ挨拶に行く時の服装のポイント
お付き合いしている女性の親に挨拶に行くときは、しっかり服装を考えなければなりません。目上の人に失礼のないような服装として、スーツを選ぶと良いです。しかしスーツであればどんなものでも良いかというとそういうわけではありません。テカテカしている素材は避け、落ち着いたものを選びます。また、畳の部屋に入ることもありますので、靴下も白もしくは淡色のものが良いです。さらに、手ぶらで行くことはないと思いますが、鞄もスーツに合ったカラーを選びます。カジュアルな服装で良いと言われた場合にも、ジャケットスタイルが良い...
結婚式の服装のポイント
仲の良い友人の結婚式であっても、きちんとスーツを着ていく必要があります。ブラックスーツとシルバーのネクタイが結婚式の定番スタイルですが、一工夫加えたいのであれば、ネクタイのカラーを変えてみると良いです。黒のネクタイはいけませんが、明るい爽やかなカラーであれば好きなものを選んで構いません。また、シャツも白ではなくネクタイに合わせて変えてみるのも好ましいとされています。靴に関しても、普通はレザー素材のシンプルなものが適しています。当日慌てて準備するのではなく、前日までに確認してきちんと磨いておく必要...
お宮参りでの服装のポイント
自分の子供のためのお宮参りであれば、子供に合わせた服装をします。最近ではベビードレスを着せる人も増えていますが、その際には父親はブラックスーツが良いとされています。兄弟の子供のお宮参りであればそれほど気にかける必要はありませんが、スーツスタイルが適しています。写真を撮ることもありますので、周囲の服装に合わせたものが良いです。シャツは白もしくは淡色のものを選びます。ネクタイや靴下、靴はスールのカラーに合わせて選ぶことをおすすめします。アクセサリーはあまりつけないほうが好ましいです。腕時計は問題あり...
弔事での服装のポイント
お通夜やお葬式といった弔事の際には、失礼の無いよう服装には気をつけなければなりません。お通夜であれば、紺や黒などの無地のスーツが適しています。黒であってもストライプなどの柄が入っているものは適していません。シャツに関しては白色、ネクタイと靴、靴下は黒色です。お葬式の場合も、お通夜と同じくブラックスーツにホワイトシャツ、ネクタイと靴、靴下は黒にします。鞄も黒が好ましいですが、無ければ黒っぽい色のもの選びます。会場ではなく自宅で行われているお通夜やお葬式に行く際には、靴の汚れや靴下の汚れなどに注意し...

スマートフォン市場