髭の処理

髭の処理をカミ剃りで正しく行うためには

メンズのおしゃれにつきものといえば、髭の処理。
出勤前に行っている人多いですね。
自分の髭の処理は果たして正しいのか。これでいいのか疑問に思う人もいます。
ここでは髭の処理を正しく行う方法について紹介します。

 

カミ剃り出する場合は、3〜4枚の刃のものを選びます。
理由は、肌に接触する刃が多いほど力が分散され負担が減るからです。
剃る前は、蒸しタオルで剃る部分を温め、毛穴を開かせる。
これで髭を柔らかくします。

 

お風呂の時に剃る人は、あがる直前に剃るとやわらかくて剃りやすいですね。

 

専用のシェービングローションやクリームを使って髭を剃ります。
剃り終わったら、毛穴を引き締めるために、アフターローションを使います。
そのままにしておくと肌は裸の状態と変わりありません
から剃った後もきちんと保湿など手入れをしましょう。

 

最後に使ったカミ剃りは水で洗って乾燥させます。

 

トップページへ

シェービングを使った髭の処理方法

基本的にはカミ剃りでの髭の処理方法と変わりありません。
剃る前は剃る部分を蒸しタオルで温めて、毛穴を広げておきます。

 

ここからカミ剃りと異なる部分があります。
シェービングローションやクリームを使用する場合、
シェービングについている専用のものを使用してください。
それ以外のものを使用するとシェービングが故障することがあるからです。

 

また、カミ剃りの場合は上から下に向かって剃るのが基本です。
しかしシェービングを使用するときは、下から上にそることが基本となります。
肌に対してシェービングを立てて、片方の手で、肌を引っ張りながら抑え下から上へ剃っていきます。
剃っている間、または沿った後肌に痛みを感じたら、強く肌に押し付けてしまっていることが考えられます。
剃った後とはカミ剃りと同じく、肌の保湿をして整えていきます。

 

トップページへ

髭の処理でカミ剃り負けしやすい人は

髭の処理で自分はカミ剃り負けしやすい、なにが原因なのだろうと考える人がいます。
ここではどんな方法がカミ剃り負けしやすいのかその間違った方法を挙げていきます。

 

まずは、1日に何回も髭の処理を行う人。
髭の処理では、肌の表面を削っていくことになりので、
1日何回も行えば、それだけ肌は傷つくことになるのです。
肌にカミ剃りを押し付けすぎないことも重要です。

 

必要以上に何度も剃らず、必要最低限で済ませることを意識してみてください。

 

そして肌が弱い人に多いのが、市販のシェービングローションやクリームを使用することです。
自分に合ったシェービングローションやクリームを使用しないと、肌荒れを起こす原因となります。
このようなものには少なからず化学成分が入っています。
その成分に負けて肌が荒れてしまうわけです。
自分にあったものを選んで使います。

 

髭が固いという人は、風呂上がりの直前に剃ることをおすすめします。

 

トップページへ

髭の処理方法について関連ページ

メンズの爪の手入れ
顔と同じ、指先も常に見える部分なのでしっかりと手入れをしましょう。

スマートフォン市場

髭の処理方法について

やり方を間違えると肌が荒れてしまう髭の処理、剃り負けで出た吹き出物がクレーターになってしまう可能性もあります、上手に行うことを心掛けみてください。