冬 メンズ コーディネート

冬のメンズコーディネート

冬に活躍する定番アイテムやメンズ向けコーディネートについて

冬のメンズコーディネート

寒い冬は、重ね着にもより一層テクニックが求められるシーズンです。
秋のように薄手の物を重ねるわけにもいかないので、
どうしても全体の印象が重く、野暮ったくなりがちだからです。

 

冬の定番アイテムは
ウールのコート、タートルネックシャツ、ウールパンツ、マフラーなどになります。
近年、コートは短めの丈が主流になっているので、
ボトムスとのシルエットを考えつつコーディネートしていきましょう。
また、コートを脱いだ時に印象が崩れないよう、インナーにも気を使う必要があります。

 

濃色系のタートルネックは、ひとつ持っておくと非常に重宝するアイテムです。
しかし、周囲に窮屈な印象を与える事もありますので、
襟の高さには気を配った方が良いでしょう。

 

また、メンズのウィンターファッションは、無地の重ね着が増えてしまいがちです。
そう言う時は、マフラーやコートにスパイスを取り入れて、メリハリを演出します。
柄物や流行、差し色を上手く使えば、トレンド感が増してオシャレになります。

 

  メンズコーディネートショップランキング

冬のメンズコーディネートエントリー一覧

冬のシャツを使ったコーディネート方法
冬のシャツ選びはそれほど気を使わなくてもいいと思っていませんか?冬になるとシャツはカーディガンやセーターといったニットのインナーになることが多いですから、何でもいいと思ってしまいがちです。でもシャツがまったく見えないということはありません。ですからニットとのカラーコーディネートはもちろんのこと、首元からのぞく襟のデザインなどにもこだわりましょう。襟が高めのデザインのシャツは、ロールがきれいに出ますからノーネクタイでも気品があります。もちろん細身のジャケットとのバランスも抜群ですから、ビジネスでも...
冬のカットソーを使ったコーディネート方法
カットソーは誰でも持っているからこそ、ちょっとしたコーディネートの違いでおしゃれに見えるかどうかが決まります。カジュアルなシーンに着やすいのがカットソーですが、夏と違って冬はレイヤードでインにシャツをあわせたり、アウターにかっちりジャケットをもってきたりすることで、ビジネスシーンや食事会などでも着ることができます。カットソーを購入する時は、自分の肩幅を測ってジャストサイズのものを選ぶようにします。もったりしたカットソーは、休日のお父さんのようになってしまいます。伸縮性があって薄手のやわらかなカッ...
冬のカーディガンを使ったコーディネート方法
何も考えず冬にカーディガンを着るとオジサンくさくなる、シャツ+カーディガンは定番だけれどつまらなくなる、とカーディガンのコーディネートに悩む方は多いですよね。メンズカーディガンのシンプルな形を選んだ時には、インナーのデザインに凝ってみるとよいと思います。タイトなシルエットのカーディガンにチェックシャツ、デニムパンツといったコーディネートならオフタイムに失敗なくおしゃれ感をだせます。きっちりとした感じを出したい時はカーディガンのボタンを閉めて、すっきりとしたスラックスをあわせます。インナーのシャツ...
冬のパーカーを使ったコーディネート方法
オフタイム用のパーカーは、冬のメンズカジュアルにはぴったりのアイテムですが、さっと羽織るだけではおしゃれ感を出すのは難しいですよね。部屋着のようにならないためにも、パーカー選び、コーディネートのポイントをおさえておきましょう。まずパーカーのシルエットは、すっきりタイトなものを選びます。定番のパーカーの形を選ぶなら、パイピングに凝っているものやダブルフードのものなど、ちょっとしたディテールにこだわったものでおしゃれ感をだ出すのも良いと思います。Wジップのものは、インナーとベルトをさりげなく見せるこ...
冬のニットを使ったコーディネート方法
冬といえばニット、とすぐ思い浮かびます。ニットのコーディネートは、とにかくすっきりさせることがポイントです。着ぶくれしたように見せてしまうと、おしゃれとは程遠くなってしまいます。Vネックは首まわりがすっきりして見えますから、無地、アーガイル柄のニットを一枚だけで着ても充分におしゃれです。またインにカットソーをもってくると、さらにおしゃれ感が倍増します。ニットとカットソーの組み合わせをグレー+ブラックにすると大人っぽい印象になります。ブラック+ホワイトの組み合わせは、メリハリのあるシックなイメージ...
冬のデニムジャケットを使ったコーディネート方法
デニムジャケットはカジュアル感が強いので、きちんとしたスタイルにコーディネートしにくいと考えてしまいます。特に冬はデニムジャケットをレイヤードするのは、難しいイメージがありますよね。シンプルで細身なデザインのデニムジャケットを選ぶようにすると、コーディネートの幅が広がります。あまり硬すぎないデニム素材を選ぶことで、美しいシルエットをだすことができます。ポケットなどのデザインが主張しすぎていないミニマルなシャツタイプのデニムジャケットなら、きちんと感もありますし着まわしもしやすいです。デニムジャケ...
冬のタートルネックを使ったコーディネート方法
冬のキレイめオフタイムファッションでキメすぎたくない時に、タートルネックを使ったコーディネートがおすすめです。テーラードジャケットとスラックスにシャツ>を合わせるのでは、お仕事のときとあまり変化をもたせられなくてつまらないというときに、タートルネックをとりいれてみましょう。シンプルなタートルネックもネック部分をくしゃっとさせて着ると、おしゃれ感がでます。ネック部分にボリュームやドレープがあるものや、別カラーが入っているといったタートルネックもおしゃれのポイントにできますね。ジャケットを脱いだとき...
冬のチェックシャツを使ったコーディネート方法
冬のチェックシャツコーディネートは、ワンパターンになりがちです。ジーンズとあわせただけではチェックシャツはカジュアルになりすぎるので、ちょっときっちりしたいときには向いていないと考えてしまいますよね。食事会などにも着て行けるチェックシャツを選ぶときは、着丈の長すぎないものを選びます。カラーは赤ベースのチェックでしたらかわいらしくなりがちですから、ユーズドのデニムにブラックカーディガンなどをあわせると、ひきしまります。シックな色合いのチェックシャツならグレーやキャメルのカーディガンの前ボタンを閉め...
冬のボーダー柄を使ったコーディネート方法
ボーダー柄は子供っぽくなってしまうイメージがあります。またボーダーを着ている人は、いつもボーダーばかり選んでしまうのが悩みとなっていませんか?それだけコーディネートしやすい定番というこですが、ボーダーはいつも同じ服を着ているという印象を与えてしまいやすいものです。重ね着コーディネートができる冬だからこそ、大人っぽくいつもと同じではないボーダーにトライすると良いと思います。すっきりとしたあきのVネックやすそからほんの少しのぞかせるボーダーなら、おしゃれ感はばっちりです。これなら大人っぽいイメージを...
冬のセーターを使ったコーディネート方法
冬のセーターを使ったコーディネートは、レイヤードスタイルをおすすめします。Vネックセーターを選んでおくと、インのカットソーをチラ見せしてもいいですし、シャツをあわせたキレイめコーディネートにも着まわせます。アウターとしてテーラードジャケット、>レザージャケットなど何を持ってきてもすっきりと決まる細身のセーターを選びましょう。ボーダーセーターにレザージャケット、デニムといったオフタイムファッションでも細身のものでまとめてあれば、キレイめコーディネートが可能です。カーゴパンツ+ワインとブラックのボー...
冬のジャケットを使ったコーディネート方法
冬のメンズジャケットに、上品なイメージのショールカラーのものを取り入れてみましょう。テーラードでは仕事っぽい印象が強すぎる、ちょっと遊びを取り入れたいというときにショールカラージャケットはぴったりです。ボタン、裏地、ポケットなどディテールのデザインに凝っているものを選ぶと、きっちりした中にもカジュアル感がでます。袖口をロールアップすると裏地のボーダーが除くようなデザインだと、コーディネートに変化をつけられて楽しいですね。デニムパンツにもピッタリなアイテムですから、気軽な外出時にフロントオープンで...
冬のテーラードジャケットを使ったコーディネート方法
一年中着る機会の多いテーラードジャケットですが、冬はさらにインにいろいろなアイテムをもってきてコーディネートを楽しめます。スーツとしてボトムにスラックスをあわせる基本コーディネートでもインにカットソーをもってきたり、カットソーとニットのレイヤードをもってきたりすることで雰囲気をまったく変えることができます。タイトで着丈が短いテーラードジャケットなら、カジュアルアイテムとの相性も抜群です。カジュアルな日でも崩し過ぎたくない、という時はニットソーとデニムの上にさっとテーラードジャケットを羽織ってみま...
冬のミリタリージャケットを使ったコーディネート方法
冬のオフスタイルにおすすめのミリタリージャケットは、ひとつ着方を間違えるととてもださくなってしまいます。大人だからこそミリタリージャケットにも、しっかり今の雰囲気がとりこまれているものを選ぶようにします。定番のファッションアイテムほどシルエットや着丈、ボディへのフィット度が頻繁に変えられて発売されるものなのです。ですからちょっと古いものでも定番アイテムだから同じだろうと考えて着てしまうと、驚くほどダサいということになってしまいます。前をあけても、閉めてもきまるミリタリージャケットを選びましょう。...
冬のダウンジャケットを使ったコーディネート方法
ダウンジャケットといえばゆったりシルエット、と思います。暖かくても着膨れしたダウンジャケットは、おしゃれ感もキレイ感にも欠けてしまいます。インナーをどれほどタイトにまとめていても、冬に一番初めに見るところはやはりアウターです。モコモコとしたものを着ていれば、やはりトータルではおしゃれではない、となってしまいます。でもやはりダウンを着たい、という方にはシャツにあわせても、Vネックセーターにあわせてもすっきりときまる、ダウンでありながら無駄なボリュームを排除したジャケットがおすすめです。メルトンウー...
冬のマウンテンパーカーを使ったコーディネート方法
さっと羽織るのに便利なマウンテンパーカーは、冬のアイテムとしてとても重宝します。カーゴパンツやデニムパンツにあわせれば、カジュアルスタイル代表となりますが、基本はアウトドアアイテムですから、キレイめコーディネートはちょっと難しい気がします。しかしすっきりシルエットでコンパクトにまとまるマウンテンパーカーを選べば、カジュアルでありながら大人感をしっかりだせます。着丈は長すぎないものを選びましょう。コンパクトなシルエットなら、カーキやパープルなどのアウトドアらしいカラーでもすっきりしていますから、ユ...
冬のレザージャケットを使ったコーディネート方法
冬といえば、男性ならではのクールさを演出できるレザージャケットを着たいと考える人も多いですね。しかしレザージャケットのコーディネートはワイルドになりすぎて、あまりキレイめコーディネートには向いていないと思われているかもしれません。しかしライダースジャケットやフードつきレザージャケットといった男らしいイメージのアイテムでも、シルエットが細身のものを選ぶとすっきりキレイめコーディネートになります。ライダースジャケットにカーゴパンツと聞くと、ワイルドすぎると思ってしまいます。でも、さわやかなネイビーの...
冬のコートを使ったコーディネート方法
冬のメンズコートを重ね着すれば着ぶくれて見えてしまい、オジサンくささのもとになってしまうことがあります。タイトなシルエットのコートでもしっかり暖かい素材を選べば、インナーをたくさん着る必要がなくなるのでメルトンウールなどがおすすめです。目の詰まった毛羽立ちの少ないメルトンウールなら、首まわりの開きが大きいインナーに合わせても、あまりチクチク感を感じなくてもすみます。これもすっきりコーディネートの秘訣ですよね。また足長効果やボトムとのバランスを考えて、ショート丈のものにしておくとカジュアルスタイル...
冬のダッフルコートを使ったコーディネート方法
冬のダッフルコートはフードやトグルボタンがかわいらしくなりすぎる気がして、大人の男性はあまり着ないという人も多いかもしれません。しかしショート丈のスマートなシルエットのダッフルなら、大人っぽさを残しつつスタイリッシュな着こなしに仕上がります。さらに大人感を大切にするなら、素材にもしっかりこだわったダッフルコートを選びます。防寒性、保温性の面からだけでなくウール混紡率の高いメルトン素材を選ぶことで、見た目にも高級感が表れます。もちろんスーツの上に来て仕事に、デニムにあわせてオフタイムにとどちらにあ...
冬のピーコートを使ったコーディネート方法
長年の冬の定番アイテムなのに、新鮮さがあるのがピーコートです。しかしコート自体にスタイリッシュさがないと大人の男には程遠く、学生のようになってしまいます。サイドをしっかり絞ったスマートなショート丈のピーコートなら、上品なシルエットになりかわいらしくなりすぎません。ジャケットに近い着丈のものなら、ボトムとの相性も抜群です。もちろん大人ならではの上質素材のものを着用しましょう。シックなブラックピーコートなら、ホワイトシャツにあわせてもしっかりきまります。レザーグローブのようなピリッとした小物を組み合...
冬のトレンチコートを使ったコーディネート方法
大人の男なら、一着はもっていたいのが冬の>トレンチコートです。とはいうもののスーツに羽織ればきまっても、オフタイムにはあわせにくいのがトレンチコートですよね。しかしコンパクトなシルエットのショート丈のトレンチなら、カジュアルにもぴったりです。さらにフラットでないヘリンボーンなどのうね感がある素材を使ったトレンチコートなら、デニムにボーダーカットソーをあわせても素敵です。細身のショート丈トレンチなら、シャツとスラックスのコーディネートのアウターにジャケット代わりに着てもかっちりときまります。トレン...
冬のモッズコートを使ったコーディネート方法
冬になって友達同士で集まったら、かぶってモッズコートを着ていた、なんていうことありませんでしたか?暖かくて仕事でもオフでも気まわしが簡単なメンズコート、と考えると一番初めに思いつくのがモッズコートです。最初に目につくのがコートですから、ぬかりなくセレクトして友達にも差をつけてしまいましょう。モッズコートももちろん、全体のシルエットはコンパクトにまとめます。コンパクトだと、かっちりした場面にも問題なく着用できます。閉めて着たときにも、ポイントができるように大き目の襟やフードのファーが大きいものなど...
冬のステンカラーコートを使ったコーディネート方法
キレイめコートの代表格ステンカラーコートをおしゃれに着こなすには、ミドル丈のものがおすすめです。冬にステンカラーコートを一着持っていると、ビジネスタイムならスーツの上にさっとはおることができ、オフタイムならボーダーカットソーとデニムなどのカジュアルコーディネートのアウターとして便利です。着るだけで大人感を出してくれるステンカラーコートですが、ゆったりしたロング丈のものを選ぶと、お父さんのものを着てきたの?となってしまいます。中に着たジャケットがはみ出さないぐらいのちょうどよい着丈のタイトなミドル...
冬のデニムパンツを使ったコーディネート方法
冬のデニムパンツコーディネートは、すっきりシルエットが出せるスキニータイプがおすすめです。しかしスキニーなものは、ずっとはいていると窮屈で疲れてしまうという方も多いです。そういった方には、ストレッチデニムがおすすめです。ストレッチデニムは、素材感が限りなく本物のデニムに近いものを選ばないと、偽ものっぽいださいイメージになってしまいます。インディゴやブルーのストレッチデニムにチェックシャツをあわせれば、印象よいオフスタイルが簡単にできあがります。ストレッチデニムにも、ユーズド加工が施されているもの...
冬のチノパンを使ったコーディネート方法
テーパードシルエットとよばれる、ひざから裾にかけて絞ったシルエットのチノパンは、カジュアルになりすぎず応用範囲が広がります。ウェストや腿部分に余裕があってはきやすく、それでいて脚のラインがきれいに見える、といいことずくめなのがテーパードシルエットの特徴です。冬に明るい色のチノパンをモノトーンのアウターに合わせることで、人と少し違った目を引くコーディネートを演出できます。定番ベージュチノパンと白いトップスでももちろん素敵ですが、オリーブのチノパンに柄物トップスなども大人感が出ます。野暮ったくなりそ...
冬のカーゴパンツを使ったコーディネート方法
カーゴパンツのおしゃれ感をいかしたコーディネートをしたい、と考えることはありますよね。しかしカーゴパンツはやはりラフなイメージが強いですから、キレイめコーディネートは難しいように思えますがシルエット、素材感を重視してセレクトすれば、冬のテーラードジャケットにもあわせることが可能です。タイトなもの、それもただ細いだけでなくカーゴに多い腿の部分のゆったり感をなくしたものは美脚効果も大変高いものです。ひざから裾までの部分にも無駄なゆるみをなくすことで、すっきりと見せることができます。素材はサテンストレ...
冬のポロシャツに重ね着するコーディネート
冬でもポロシャツを重ね着して楽しみたいときには、五分袖、七分袖のものがおしゃれ感がありますね。暖かいところに入ってジャケットを脱いだときに、インに半袖ポロ一枚だけ着ていると見た人をびっくりさせてしまうかもしれません。半袖ポロでも、インに五分袖カットソーなどを着る方法もあります。着丈が短めのポロシャツを選ぶと、ウェスト部分からインのカットソーをチラ見せできておしゃれです。ボーダーカットソーに七分袖ポロをあわせると、カジュアルでありながら大人っぽい印象になります。ボーダーから一色を選んで、ボトム、靴...

スマートフォン市場