ファッション 体型

ファッションの基本5 『体型に合った着こなし』

いくら流行のアイテムを身に付けていても、
体型を無視したファッションはあまりカッコ良く見えません。
自分の体型を考えてコーディネートする事も、
ファッションで気を付けるべきポイントのひとつです。

 

例えば、ぽっちゃりタイプの男性がタイトなトップスを着ても、
かえって太めの体型を強調する事になってしまい、見栄えが悪くなります。
太めの体型をカバーするには、ウェストを隠せる着丈を意識する、
白や淡色の膨張色ではなく、黒や濃色の収縮色を取り入れる、などの工夫が必要です。

 

逆にやせ型の人は、やや緩めのコーディネートで
見た目にボリュームを持たせると、細身が目立たなくなります。

 

また、メンズファッションでは肩幅も重要なポイントになっています。
肩幅が狭い人は小さめの襟で距離感を出す、逆に上半身に筋肉が
付き過ぎている場合は下半身にボリュームをプラスしてバランスをとる、
と言ったコーディネートが重要になります。

 

もちろん、トレーニングで体型そのものを整える事も大切です。

 

ファッションの基本5 『体型に合った着こなし』関連ページ

ファッションの基本1 『サイズ選び』
なるべく自分の体型に合ったジャストサイズの服を選びましょう。
ファッションの基本2 『自分の内面に合わせる』
自分の内面と正反対の服装は、周囲の人に違和感を与えかねません。性格に合わせた服選びも大切です。
ファッションの基本3 『組み合わせを考える』
服を購入する時は、お手持ちのアイテムと組み合わせても大丈夫なものを選びましょう。
ファッションの基本4 『清潔感を出す』
襟元には特に気を配り、しわ・汚れ・臭いなどのない服を着る習慣を。
ファッションの基本6 『シチュエーションに合わせる』
その日のメインイベントに合わせた服装をするのも大切です。場違いな格好になることはなるべく避けましょう。
ファッションの基本7 『流行を取り入れる』
流行を取り入れるのは1部分だけでもOKです。
ファッションの基本8 『管理について』
やるべき管理を怠ると、服の寿命は短くなってしまいます。

スマートフォン市場

ファッションの基本5 『体型に合った着こなし』

自分の体型をカパーする着こなし方も大切です。