ファッション サイズ選び

ファッションの基本1 『サイズ選び』

オシャレ上手な男性がファッションで気を付けている事のひとつに、
服のサイズ選びがありますね。
どれほどオシャレなコーディネートをしていても、
サイズの合った服を着なければ、カッコ良く着こなす事はできません。

 

トップスを体型より大きめのサイズを選ぶと、着丈が長いため、胴長に見えしまいます。
ボトムスの股下も、長すぎれば裾がだぶついてだらしない印象になりますね。

 

こうした失敗をしないためには、自分のサイズを詳しく知っておく事が重要です。
しかし、単に体のサイズを測るだけでは、実際に服を着た時のジャストサイズは分かりません。
そこでおすすめしたいのが、自分が持っているジャストサイズの服の寸法を測る方法です。

 

サイズの計測方法はココで確認できます。

 

トップスなら着丈、肩幅辺りを測っておくのが良いでしょう。
気になる場合は身幅や袖幅もチェックしておきます。
ボトムスは太もも回り、股上、股下、ウェストがチェックポイントです。
測ったサイズを手帳やパソコン、携帯などにメモしておけば、
必要な時にすぐ確認する事ができて便利です。
買物をしたけどサイズ違いで返品をしなくてはならない、
ということもなくなりますね。

 

 

ただ、サイズ選びと言っても標準体型が基本となっているため、

 

低身長でも太っているLLサイズ以上の服しか着れない人は
やむなく、胴長サイズを選ばざる負えなくなります。

 

高身長で痩せている体型の人も、LLサイズ以上だと
ブカブカ感があり、かといって、体にフィットするMサイズを選ぶと
丈が短すぎてお腹が出てしまいます。

 

標準体型の人でも、腕が筋肉質で太い人は
胴体にジャストサイズなものを選んでも腕が窮屈になります。

 

そういったァッションの悩みを抱えた男性は少なくありません。

 

そういう方は、オーダーメイドのショップを見てみることをお薦めします。

 

サイズをお店に伝えて、ジャストフィットな服を作って
もらうことで、個性的な自分だけの服が完成します。

 

 

ファッションの基本1 『サイズ選び』関連ページ

ファッションの基本2 『自分の内面に合わせる』
自分の内面と正反対の服装は、周囲の人に違和感を与えかねません。性格に合わせた服選びも大切です。
ファッションの基本3 『組み合わせを考える』
服を購入する時は、お手持ちのアイテムと組み合わせても大丈夫なものを選びましょう。
ファッションの基本4 『清潔感を出す』
襟元には特に気を配り、しわ・汚れ・臭いなどのない服を着る習慣を。
ファッションの基本5 『体型に合った着こなし』
自分の体型をカパーする着こなし方も大切です。
ファッションの基本6 『シチュエーションに合わせる』
その日のメインイベントに合わせた服装をするのも大切です。場違いな格好になることはなるべく避けましょう。
ファッションの基本7 『流行を取り入れる』
流行を取り入れるのは1部分だけでもOKです。
ファッションの基本8 『管理について』
やるべき管理を怠ると、服の寿命は短くなってしまいます。

スマートフォン市場

ファッションの基本1 『サイズ選び』

なるべく自分の体型に合ったジャストサイズの服を選びましょう。